「全英オープン」最終調整

「全英オープン」最終調整
  今月18日に、男子ゴルフのメジャー今季第3戦「全英オープン」は、英ガレーンにあるミュアフィールド(7192ヤード、パー71)で開幕する。4年連続5度目の出場となる藤田寛之はタイトリストVG3フォージドアイアンを使用して、ジム·フューリク、ジャスティン·レナード(ともに米国)のメジャー覇者2人と練習ラウンドを行って本番に備えた。
  フューリクとは今年の全米オープンに続いて2度目で、藤田は「技術を盗みたいとかそういうものではなく、日本人とばかり回るんじゃなくて、R1 ドライバー(世界のトップ選手の)空気感というかプレーの雰囲気を肌で感じておきたかった」と説明。今年はマスターズ、全米オープンとも予選落ちしているだけに今大会へ懸ける思いは強い。日本の賞金王としての意地を見せたいところだ。
  松山は、今年のマスターズを制したアダム·スコット(オーストラリア)と練習ラウンドで18ホールを回った。比較的穏やかな風の中、ショットに安定感があり、グリーンではテーラーメイド R1 ドライバーの距離感とラインを入念に確認した。
  昨年の日本ツアー賞金王で、4年連続出場となる藤田寛之はジム·フューリク(米国)と18ホールを回り、マッチプレー形式などで調整した。
This entry was posted in Dirty Hippie Radio. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

?>

Dirty Hippie Radio, LLC