新鋭J·スピースが世界ランク59位にジャンプアップ、松山英樹は44位に

新鋭J·スピースが世界ランク59位にジャンプアップ、松山英樹は44位に
  最新の世界ランキングが発表され、米国男子ツアー「ジョン·ディア·クラシック」でプレーオフを制しツアー初優勝を挙げた19歳の新鋭、ジョーダン·スピース(米国)はバーナーアイアン2.0を使用して前週の120位から一気に59位まで順位を上げた。また、1位はタイガー·ウッズ(米国)と変わらず、前週8位だったフィル·ミケルソン(米国)は欧州ツアー「スコットランドオープン」で優勝し5位に浮上した。
  日本勢の最高位は松山英樹の44位。先週、テーラーメイド R11 フェアウェイウッドを使用して順位を2つ上げた。「ジョン·ディア·クラシック」を33位で終えた石川遼は153位と順位を2つ下げた。
  テーラーメイド バーナーアイアン2.0男子世界ランキング:
1位:タイガー·ウッズ(12.37pt)
2位:ローリー·マキロイ(8.79pt)
3位:ジャスティン·ローズ(7.82pt)
4位:アダム·スコット(7.07pt)
5位:フィル·ミケルソン(6.68pt)
6位:マット·クーチャー(6.46pt)
7位:グレアム·マクドウェル(6.12pt)
8位:ブラント·スネデカー(5.93pt)
9位:ルーク·ドナルド(5.68pt)
10位:スティーブ·ストリッカー(4.96pt)
This entry was posted in Dirty Hippie Radio. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

?>

Dirty Hippie Radio, LLC